お父さんいつもありがとう

お父さんいつもありがとう

 

40歳を過ぎて、やっと60代の父親の苦労がわかる年齢になってきました。

 

家のローンや子供への学費などで、まだまだ余裕がある状態ではないのですが、
私の子供からも父の日に幼稚園で書いた似顔絵を貰ったりするうちに、父親の実感がわき、それとともに父親への感謝の気持ちも素直に感じられるようになったこの頃です。

 

今まで、父親に何度もプレゼントを贈ろうとしたのですが、「何がいい?」と尋ねても、「何もいらない。それよりも自分の家庭を大事にしろ。」と言われたのを真に受けて、何も贈ってきませんでした。

 

でも、それは父親の強がりだと気ずき、昨年から父の日にプレゼントを贈るようにしました。

 

あいかわらず、父親に事前に尋ねても「何もいらない。」という返事だったのですが、
後で、母親に聞いたらとても喜んでいた。ということです。

 

何度も母親に「〇〇(私の名前)が、俺にプレゼントを贈ってきたと。」と自慢気に話していたそうです。

 

それを聞いて、私も喜んでもらえたことにとても嬉しかったです。

 

今年は父親に相談をしないで、いきなり贈るつもりです。

 

ちなみに昨年、父の日に贈ったプレゼントを紹介しますね。

 

私の父親は、とにかくお酒が好きです。

 

今は、少し量がへったようですが、毎晩晩酌をしています。

 

お酒にもこだわりがあって、焼酎とウイスキーは飲みません。

 

蒸留酒系は好みに合わないようで、もっぱら日本酒やワインを飲んでいます。

 

それで、父親に贈ったのが「日本酒の飲み比べセット」です。

 

父の日プレゼント 飲み比べ

「お酒の専門店ファースト」の通販サイトで購入しました。

 

>>日本酒 飲み比べセット

 

超厳選!高級料亭も納得!和食に合う 日本酒 1.8L 3本飲み比べセットです。
(日本酒好きは、飲み比べが好きみたいです。)

 

それと日本酒によく合うおつまみで、「馬肉の生肉ユッケ」も一緒に贈りました。

 

以前、父親が九州に旅行した時に、とても美味しかったと言っていたのを覚えていたからです。

 

冷凍ですが、解凍するだけで馬肉の生ユッケを堪能することができるんです。

 

馬肉専門店【菅乃屋】

 

予算は1万円以内と考えていたのですが、約12,000円と少しオーバーしてしまいました。

 

それでも、父親に本当に喜んでもらって嬉しかったです。

 

今年は、ワインと松阪牛を贈ろうと思っています。

 

>>ワインよりどり90種類以上

 

もちろん、予算は1万円以内ですが、どうやら松阪牛が100g×2枚セットと、赤ワイン1本で、約12,000円になりそうです。

 

 

今年も予算を少しオーバーしますが、昨年と同じ金額にはおさまりそうなので、まあいいかな。と思っています。

 

「男は黙って!」何とかではないですが、父親から直接のお礼の言葉は貰っていませんが、今まで育ててくれたことに改めて感謝です。

 

【関連記事】父の日のプレゼント 国産うなぎ
日本人はとにかく、うなぎが大好きです。
お父さんも例外ではありません。