父の日のプレゼント 焼酎

焼酎が好きなお父さんに絶対に感謝されるプレミア焼酎!

焼酎好きなお父さんにプレミア焼酎はいかがですか?
お父さんも年齢を重ねていくと健康が心配です。
なかなかお酒好きな人には禁酒はできにくいものですが、それなら少しでも体に良い言われる焼酎を
すすめてみましょう。
焼酎は蒸留酒で日本酒と違って糖質が含まれないため体にいいといわれています。

森伊蔵

森伊蔵

明治18年創業の森伊蔵酒造は、昔ながらの甕壷による小仕込み生産をかたくなに守り続けています。
原料の芋は、デンプンを多く含む低農薬のコガネセンガンを専業農家と独自に契約を結び、麹用に福井県産コシヒカリを使用。
大隈半島の高隈山系の伏流水(地下水)を使い、120年前の甕(かめ)で仕込みを行うなど全てに『こだわり』があります。

 

魔王

魔王

鹿児島芋焼酎の「3M」と呼ばれるプレミア焼酎の1つ。
蔵元の「白玉醸造」は明治37(1904)年鹿児島県の桜島の麓で創業。
現在のの焼酎ブームの先駆け的存在で、麹歩合を高めることで芋焼酎を飲みやすく仕上げ、まろやかな風味とひきしまった余韻を実現。
清酒の黄麹を使用することで、いも焼酎をより飲みやすくしています。

 

村尾

村尾

「森伊蔵」「魔王」と並ぶプレミア焼酎「3M」の一つ。
原料の買い付け、製造までの焼酎を造る工程のほとんどを1人で行う一人蔵を頑なに守り通しています。
それゆえ生産量には限界がありますが、丁寧な手作り製法には同業者からも圧倒的な人気を誇ります。
強烈な風味が感じられるも、しつこさはなく芋の香りを十分堪能することができます。

 

佐藤 黒

佐藤 黒

蔵元は明治39年(1906年)鹿児島県で創業の佐藤酒造。
仕込み水は、霧島・関平の名水、原料の芋は黄金千貫を使用した黒麹仕込み。
「3M」に次いで定価での購入が困難なプレミア芋焼酎!
黒麹が使われていることで、とても力強いキレがありますが、強い刺激ではなく、
飲んが後に、滑らかな甘味が漂います。
お湯割りで飲むことで、より一層味の輪郭がはっきり感じられます。

 

百年の孤独

百年の孤独

麦焼酎ブームの火付け役「幻の麦焼酎」
蔵元の黒木本店は創業明治18年。
原酒の麦焼酎「中々」をオーク樽に貯蔵して熟成させました。
世界の蒸留酒を目指した高アルコール・長期熟成の本格焼酎。
ウィスキーのような焼酎と呼ばれワンランク上のお酒という評判がぴったりの酒です。
飲み方はロックがおすすめです。

 

幻のプレミアム芋焼酎!伊佐美

明治32年創業の蔵元の甲斐商店で造られる焼酎は「伊佐焼酎」と呼ばれ、その中でも「伊佐美」はプレミアム焼酎で入手が困難。
伊佐美を飲んで芋焼酎に目覚めるという人は多く、サツマイモのコクがしっかりと生きています。
わかる人への贈り物最適品です
原料には、厳選された新鮮なさつま芋“コガネセンガン”を使用。

大人気のプレミアム焼酎「田倉」

年間に1升瓶換算で4万本の当主が1人で作る蔵元のこだわりの芋焼酎です。
創業は明治40年(1907年)、先祖代々、飯蔵神社の宮司を務めてきた家柄。地産地消を地で行く、契約農家は全て地元、米は合鴨農法で栽培された米。
芋は南薩摩産の上質なさつま芋を使用。
すっきりした味わいに中に奥深さが感じられます。

話題の限定芋焼酎 土竜

五臓六腑にしみわたると評判の深い味わいを楽しむ事ができる芋焼酎です。
製造方法はもって5年といわれる木桶蒸留器。
杉の香が移り芋本来の甘味とまろやかな味わいを生み出しました。
この製法で作れるのは鹿児島県内でも1人しかいません。
キレがあって飲みあきしない深い味わい。
お湯で割った時の香りがたまりません。

なかなか手に入らない、プレミア本格麦焼酎 耶麻美人

知る人ぞ知る幻の麦焼酎です。
年間に600石しか生産されません。大分麦焼酎の元祖と言われています。
蔵元の旭酒造が日本で初めて開発した麹、掛とも100%にて醸する製法で造られています。
麦焼酎の独特の香り、味はピカイチで焼酎とは思えない飲みやすさを実現しました。
喉の奥に旨味がいつまでも残ります。

超幻プレミア本格派麦焼酎 兼八

四ツ谷酒造の「兼八」は濃厚な「麦チョコ風味」で一大旋風を巻き起こしました。
創業大正8年(1919年)現在四代目と五代目が創業当時の技と志を守りながら専念しています。
食用に栽培された「はだか麦」を使用し、麦の香ばしい香りとほろ苦さが全体を引き締めています。
香りは強いが口当たりはやわらか。
兼八を一口飲めば、麦焼酎の偏見が吹き飛び兼八の風味に魅了されます。

父の日のプレゼント・トップへ


page トップ